Topics トピックス

2022.07.08 お知らせ

運動時における熱中症予防対策について

日頃より新型コロナウイルス感染予防対策にご理解とご協力いただき、誠にありがとうございます。

FIA(一般社団日本フィットネス産業協会)の感染対策ガイドラインに基づき当クラブでは熱中症予防として、以下のガイドラインを遵守したうえであれば、鼻までマスクで覆うことは必須としておりません。        (ジムエリア、スタジオ、アリーナ内での運動時に限る)今後もお客様に安全で安心なご利用環境の提供に努めてまいります。引き続きご愛好のほどよろしくお願い申し上げます。

●安全な運動強度

以下、「FIAフィットネス関連施設における新型コロナウイルス感染拡大対応ガイドライン」(一部抜粋)

トレーニング時のマスク等の着用に於いては、事故を引き起こさないよう、適切な運動強度で利用することが基本である。ただし、息苦しさによる不快感や、運動量に必要となる呼吸量がマスクによって妨げられ、呼吸困難による事故などを引き起こす危険性への配慮が求められる。

 

●熱中症の予防

※以下、「室内運動施設におけるマスクによる熱中症予防について』のうち「運動時のマスク着用に関する留意点」(一部抜粋)

息苦しさ、脈拍の増加(ウェアラブルウォッチ等)に気づけば、先ずマスク等をずらして、鼻だけを出し、飛沫感染を防ぐために、呼吸は鼻で吸い、口で吐く。それでも症状が続けば、マスク等を外して休憩し、水分補給を行う。その時には、周囲の人とのフィジカルディスタンスを保ち、かつ会話は禁止とする。

Archive

ページトップ